2010/1/4 月曜日

石原都知事の正論

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 12:07 PM

 石原都知事が好きかどうかと言われると、明確にどっちかと言い切れないが、新年早々、これは正論だと思うので紹介しようと思う。僕が「公務員大崩落」という書籍で主張したことと全く同じ。これだけ国家を顧みず、迎合ばかりしていて大丈夫なのか、と心配になる。NHKの龍馬伝などをみていると、現在の政治家のように普通感覚・普通メンタル人間が、政治家の強みであるヴィジョンは全く示さずに、無駄遣い探しだけで人気を得ようとしているのを見ると、暗澹とした気分になってきます。

<石原知事>新年あいさつで民主批判「危険な綱渡り」

1月4日11時47分配信 毎日新聞
 東京都の石原慎太郎知事は4日、職員約700人を前に新年のあいさつをした。民主党政権について「選挙時の公約が先行してがんじがらめになっている。高福祉低負担なんて常識で考えてもありっこないのに、消費税についてみんな避けている。これは政治家の典型的なポピュリズムだ。非常に危険な綱渡りをしている」と批判した。そのうえで、「国民が自分の権利ばかり主張して政治家もそれにおもねっている。私たち行政を預かる人間はそういう風潮に流されてはいけない」と述べた。【江畑佳明】

HTML convert time: 0.216 sec. Powered by WordPress ME