2010/1/30 土曜日

民主党の公務員制度改革って?

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 9:15 AM

 昨日の鳩山総理の施政方針演説でも述べられていたが、幹部国家公務員の人事を一元化する内閣人事局構想に着手するそうだ。新聞紙面では、次官から局長に降格されるということがやたらと書かれている。これまで大臣にも従うことがなかった偉そうな官僚というイメージから言えば、「これは大きな改革だ」というように映る。現実に、世論や政治の意向を無視するような尊大な幹部官僚もいるから、政治的応答性を高めるという方向性が間違っているとは思わない。
 ただ気になることがいくつかあったので、指摘しておくことにしよう。
 まず、内閣人事局構想は福田内閣でできて、麻生内閣では法案まで作られているのであって、民主党が何か目新しいものを作ったわけではない。実際、近い関係者から聞いても、法案に向けた動きなどない。おそらく、麻生政権で廃案になった法案をそのまま使うのだろう。ちなみに、次官など幹部の降格もすでに決まり切ったことで、特段目新しさはない。問題は、制度を制度通りに運用するかどうかだ。
 もう一つは、こんなものに官僚は抵抗しないということだ。もはや、そんな気力もエネルギーもないと思う。辞めたいと思っている人間が大半ではないか、と思う。わざわざ抵抗するようなことはあり得ないのに、官僚を大きな存在にしてメシを食っている政治家、マスコミ、元官僚のために、現役官僚の多くは被害を被っている。ちなに、僕が購読してる朝日新聞も昨日の夕刊で「官僚の抵抗が予想される」と書いていたが、おそらく、大した取材をすることなく、紋切り型の文章を書いたような気がする。霞ヶ関は疲れ切っているだけで、抵抗するエネルギーはない。むしろ、霞ヶ関を破壊した後に、本当に政治が中核になり得るのかどうか、政治主導体制の質を強化することを議論した方が、よほど建設的だ。

2010/1/28 木曜日

いつも思うコメントの難しさ

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 7:01 PM

 本日は昼から、毎日放送のちちんぷいぷいに出演していました。私にとってテレビ出演は日々の研究生活から抜け出る刺激の場でもあって、疲れるけれど、ものすごく貴重な経験の場です。
 ちちんぷいぷいは、難しいコメンテーターが出てくる番組ではありませんので、肩肘張らずに良いという点もあるのですが、やっぱり、社会問題などを短時間でコメントするのは難しいものですね。
 毎回出演させてもらう度に、様々な点で勉強させてもらいます。書籍だったら、自分の考え方を上手く伝えることはできますが、やはり、テレビはなかなか難しい。今年も勉強していこうと思います。

2010/1/18 月曜日

民主党独裁体制は正しい選択なのか?

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 10:33 AM

 小沢幹事長の問題に絡んで、民主党のある女性参議院議員が「これは国民から選ばれた政治家と特捜をトップとする官僚機構の戦いだ」と唸っていたが、こんな発言を聞くにつけ、こういう政党が副大臣や政務官を大量に役所に送り込んで、政治主導をするという統治機構が本当に正しいのか、つくづく疑問に思えてきた。もともと疑問だったが、恐ろしくなってきたと言っても過言ではない。
 こんな自浄努力の全くない政党が半ば独裁的に政府機関のポストを独占すると、やがて警察や検察などの治安部門にも中立性や公平性がなくなってとんでもないことになるんじゃないか。
 今度の参議院選挙で僕が一票を行使する時は、本当によく考えてから投票することにしよう。労働省にいたこともあって、労働組合は働く人の味方でもう少し純粋なものだと思っていたけど、いや少しショックだ。

2010/1/4 月曜日

石原都知事の正論

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 12:07 PM

 石原都知事が好きかどうかと言われると、明確にどっちかと言い切れないが、新年早々、これは正論だと思うので紹介しようと思う。僕が「公務員大崩落」という書籍で主張したことと全く同じ。これだけ国家を顧みず、迎合ばかりしていて大丈夫なのか、と心配になる。NHKの龍馬伝などをみていると、現在の政治家のように普通感覚・普通メンタル人間が、政治家の強みであるヴィジョンは全く示さずに、無駄遣い探しだけで人気を得ようとしているのを見ると、暗澹とした気分になってきます。

<石原知事>新年あいさつで民主批判「危険な綱渡り」

1月4日11時47分配信 毎日新聞
 東京都の石原慎太郎知事は4日、職員約700人を前に新年のあいさつをした。民主党政権について「選挙時の公約が先行してがんじがらめになっている。高福祉低負担なんて常識で考えてもありっこないのに、消費税についてみんな避けている。これは政治家の典型的なポピュリズムだ。非常に危険な綱渡りをしている」と批判した。そのうえで、「国民が自分の権利ばかり主張して政治家もそれにおもねっている。私たち行政を預かる人間はそういう風潮に流されてはいけない」と述べた。【江畑佳明】

2010/1/3 日曜日

新年の誓い

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 12:46 PM

新しい年になる毎に、「今年こそは目標を立てよう」と思うのですが、なかなか上手くいきません。考えるとなかなか深みから出てこられず、ついつい、目標設定をやめてしまうという悪い癖が出てきます。
今年も変わらなさそうですが、ブログはできるだけ書いていくということを目標にしようと思います。
それでは、今年もよろしくお願いします。

HTML convert time: 0.322 sec. Powered by WordPress ME