2009/8/4 火曜日

曲解される政治主導

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 5:01 PM

次のような記事を読み、ふと思ったことは・・・・。

橋下知事、民主・小沢氏と「霞が関解体」で会談
8月4日12時20分配信 読売新聞

大阪府の橋下徹知事は4日、民主党の小沢代表代行と大阪市内のホテルで会談し、両者が旗印に掲げる「霞が関解体」を巡って意見交換した。

橋下知事が小沢氏と会うのは初めて。橋下知事と親交のある同党の原口一博「次の内閣」総務担当が会談をセットした。

冒頭、橋下知事は「関西空港の問題で金子国土交通相は抜本的な財務構造の改善を約束してくれたのに、財務次官が『それは地方の問題』と覆す」と、現在の官僚機構のあり方に不満を示すと、小沢氏も「全然、今は政治家の権限がないからね」と苦笑した。

また同席した原口氏は「霞が関解体は革命ですから、国会だけでは出来ない」と、連携を呼びかけた。会談終了後、小沢氏は報道陣に対し、「明治以来続いてきた統治機構を抜本的に変えることで考えは一致した」と述べた。一方、橋下知事への選挙応援の要請などについては「そういう政治的な話を一切していません」とした。

最終更新:8月4日12時20分

確かに、政治家や大臣が国民から選挙で選ばれている以上、彼らの発言は重い。いや、民主主義社会のルールから言えば、公務員がそれを簡単に覆せないことは間違いない。 (more…)

2009/7/31 金曜日

民主党の公約

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 6:19 PM

民主党の公約をみてみた。財源問題など批判はあるのだろうが、生産者側に立った政策から、生活者側に立った政策に転換するという意思は感じられるので、私としては評価したい。

(more…)

2009/7/10 金曜日

自民党にも少しは意地があるらしい

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 6:10 PM

「東国原氏擁立 各派が反対論」

自民党の古賀誠選対委員長が次期衆院選で、同党から東国原英夫(ひがしこくばる・ひでお)宮崎県知事の擁立を目指していることに対して9日、各派閥の幹部からは反対論が相次いだ。

伊吹文明元幹事長は伊吹派総会で「苦しくても、面白番組的なポピュリズム(大衆迎合主義)だとか、スローガンだけの政治から決別しないといけない」などと東国原氏の擁立の動きを批判した。津島雄二元厚生相も津島派の総会後、記者団に「国民は厳しく見ている。マスコミの寵児(ちょうじ)になっている人に興味を持つのはいいが一線を画すべきだ」と苦言を呈した。

町村派代表世話人の谷川秀善参院幹事長も記者団に「政策を訴えるべきなのに(集票が見込める候補を求めて)右顧左眄(うこさべん)するのは本末転倒だ。奇をてらうのは感心しない」と語った。

7月10日7時56分配信 産経新聞

(more…)

2009/7/7 火曜日

民主党の官僚制度に対する意見

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 1:12 PM

静岡県知事選の勝利で、がぜん、政権が近づいてきた民主党だが、政権が近づくと、やはり、発言は少しトーンダウンするらしい。毎日新聞によると、これまでの鳩山代表と比べて、官僚制度に対する意見が少し変化しているようである。

鳩山代表:「局長に辞表出させる」を軌道修正 政権交代で

民主党の鳩山由紀夫代表は30日の記者会見で、政権交代後の各省庁の幹部人事を巡り、「局長クラス以上は辞表を提出していただく」と幹事長時代に 発言していたことについて、「現実の法律などをひもとくと、降格人事を行うのは法的には難しい。辞表という形に必ずしもならないと理解をしている」と述 べ、軌道修正した。

毎日新聞 2009年6月30日 19時24分

(more…)

2009/7/2 木曜日

知事の仕事の中身って…実は楽なんでしょうか?

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 6:14 PM

確か、田中康夫が長野県知事時代に、民主党が政権をとったら大臣と兼務するというような話があったと記憶している。この時、どこかの県の知事は「知事は大変な仕事で兼務なんかできるか」と一喝していたと思うが、僕も新潟県庁時代に身近に知事をみていて、真面目にやれば結構しんどい仕事だなぁと思ったものだった。

ところがである。次の報道を見て驚いた。

(more…)

2009/6/25 木曜日

有識者とタレントとの「政治の壁」

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 3:24 PM

 東国原知事騒動について、また、今日も述べることにしよう。

 この問題をどう見るかは人それぞれだ。これだけの論点を提示してくれること自体、やはり、人間の思いきった行動というものはすばらしいと思うが、僕は、こんな事件を見るにつけ、日本社会には「わかりあえない」という感覚が徐々に浸透しているような気がして仕方ない。
(more…)

2009/6/24 水曜日

東国原知事への出馬要請についての報道ステーションの偏向報道

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 4:35 PM

 昨日の報道ステーションを興味深く見た。

 東国原知事が自民党からの出馬要請に対して「自分を総裁候補としてくれるなら出馬してもいい」という条件を付けたそうだ。どこまで本気か、何を狙っているのかよくわからない。私が注目していたのは、このニュースを淡々と報道するのか、何らかのシナリオをもって報道するのかということだった。

 なぜなら、この傲慢とも映る態度については世論が割れる可能性が高いからだ。おそらく賛否両論だろう。
(more…)

2009/6/21 日曜日

桝添と竹中の共通点

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 12:14 PM

 最近の新聞報道を見ていると、誰でも総理候補になれる気がしてくる。総理までに要する時間、費やすエネルギー、人格、見識なんどに関係なく、少しマスコミに祭り上げられれば、誰だった総理になれるかもしれない、そんな変な時代なんですね。そんな国なのに、政治的リーダーシップがああだこうだと議論しているのも何か変な違和感を感じますね。
(more…)

2009/6/17 水曜日

誰も突っ込まない不思議

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 12:33 PM

どの新聞も橋下知事がテレビ出演で数百万円の収入をえたことを記事にしているが、不思議なことに、客観的に「いくら得た」と書いているだけで、この行動の是非については全く触れていない。

(more…)

2009/6/11 木曜日

冤罪と国家が謝ることの意味について

Filed under: ニュース — 中野雅至 @ 12:24 PM

昨日は1日ほとんど、大阪大学付属図書館で調べモノをしていたため、ブログを書くことができなかった。このままずるずると書かなくなってしまう・・と懸念しながらも、久々に一日仕事で人事興信録などに向き合っていると、疲れ果ててしまった。こんな作業をおもしろいという人こそ学者に向いているのかもしれないが、どうもこの種の細かな仕事は昔から苦手だ。よほどストレスがたまっているのだろうか、この種の仕事をした後はやけに甘いものが食べたくなる。

それはさておき、今日は「役所の謝る」という行為について少し考えてみよう。次の新聞記事をみてみると、検察という組織もやはり「謝る」というのは嫌みたいだ。

(more…)

次のページ »

HTML convert time: 0.379 sec. Powered by WordPress ME