2010/4/18 日曜日

益々怪しい民主党政権

Filed under: 未分類 — 中野雅至 @ 12:19 PM

 普天間問題の先行きが怪しくなって、民主党や鳩山政権への信頼が益々揺らいでいるように思えますが、国民はそろそろ成果本位で政治家や政党を評価するようになりつつあるのではないか、と思います。
 90年代後半以降、政党や政治家は何かと言えば、霞ヶ関を中心に置いて様々な改革を論じてきましたが、民主党政権誕生以来の霞ヶ関の従順さや静かさを見てもわかるように、日本の現実のネックが霞ヶ関にあるとは思えません。
 政治主導政権による内政・外交の失敗は、政治家自身のマネジメント能力などの欠如が原因であって、霞ヶ関が抵抗するとか、足を引っ張るということとほとんど無縁であるような気がします。
 それにしても目立つのは、小泉内閣以降の官邸の機能不全です。小泉内閣時代には飯島秘書官をはじめとして機能する官邸が話題になりましたが、それ以降は、官邸の機能不全が話題になることが多いような気がします。
 今回の平野官房長官の普天間決着発言にしても、あまりにも滑稽だという気がしないもありません。あえて一言で要約すれば、この官房長官は総理の方ばかり見ていて、国民を見ていないのでしょうね。
 特定の師匠ばかりを見ていて、世の中の動きを見ていない。そんな行動が大きな災厄を招くのは、何も政治家だけの世界に限らないと思いますが、今後どうなるものですやら・・・。

HTML convert time: 0.280 sec. Powered by WordPress ME